男女

綺麗な庭にするためにもスペースに合わせて木の剪定をしよう

庭作りはプロに頼む

園芸

大阪でガーデニングをしたいと思ったらまず庭の手入れをしなくてはいけません。しかし、荒れていた庭を綺麗にするのは大変です。いいガーデニング会社を見極めて庭作りをお願いしましょう。

詳細

雑草は取り除こう

芝生

庭の手入れは大切です。もしも、手入れを怠ると雑草が伸びで害虫や害獣が住み着いてしまいます。それを防ぐためにも小まめな草刈りや除草剤の散布が必要です。もし、一人で行なえないのなら業者に頼みましょう。

詳細

雑草の知識をつける

土

家庭菜園を庭で行なう場合に初心者が知っておきたいのが雑草のことです。すぐに生えてくる雑草は育てている野菜の栄養を奪ってしまいます。雑草を除去する方法はたくさんあるので調べてみましょう。

詳細

庭を綺麗に保つために

枝を切る人

庭木には剪定が必要です。森や林では木がすくすくと成長します。同じように庭でも勝手に綺麗に育つと考えている人は少なくありません。しかし、森や林は庭と比べて広大です。またいろいろな植物や動物が共生しあっています。勝手に育っている木々でも綺麗に花を咲かせたり紅葉した姿を見せたり、四季に合わせて美しい姿で楽しませてくれます。けれど、庭木はそう上手くはいかないのです。なぜなら、家の庭という限られたスペースにあるからです。庭木の場合は育ち過ぎてしまうのもよくありません。庭木が育ちすぎると家の壁や床下に根を張りボコボコにしてしまうでしょう。また、歪んで成長してしまったら家屋を傷つける可能性もあります。他にも、木が大きくなると庭が陰ってしまいます。そうなると他の花や草が育たなくなってしまうでしょう。風通しを悪くしてしまう場合もあります。そうなると、庭の環境が悪くなり害虫や害獣が住み着くこともあるのです。そういった事態を防ぐためにも、庭木は定期的に剪定を行ない庭のサイズに合せることが必要なのです。剪定で古い枝を切り新しい目を出すこともあります。そこから新しい葉や綺麗な花を咲かせることもあるでしょう。形を綺麗に整えることで台風や強風の盾として役立つこともあります。見栄えも綺麗になり庭が明るくなるでしょう。
常緑樹の剪定を行なう時期として適しているのが6月や10月です。6月は春が過ぎて木々の萌芽が落ち着く頃です。また、10月は夏に伸びた枝が止まるとされている時期にあたります。また落葉樹は葉が落ちた後の11月から3月がいいとされています。